外壁リフォームの値引きだけの相見積もりはマイナスになる!?相見積もりは●●を見抜く為のものです。

外壁のリフォームにはいろんなパターンがあって、それぞれに良いところと悪いところなどがあることを前回紹介しました。

そういう工程があるから、パターンごとに見積金額も安くりやすかったり高くなりやすかったりというのがあるということを理解していただいたと思います。

前回記事参照

さて、パターンの存在を理解したあとは、どのパターンで進むのかを決めた後でどの業者を選択するのか?

と言ったところではないでしょうか?

 

 

お金を出して依頼をする際に、質がそのままなら安いほうがいいと思います。

ですが、安くするというのには、安くする為に何かが削られているという事があります。

 

 

たまに値引き目的の為に相見積もりをするという話も聞きますが、相見積もりは値引き競争をさせるためのものではありません。

 

同じ条件でおなじ内容の見積もりを出した時に、似た金額しかでない場合があります。

もちろんつながりが無いエリアの業者に頼んだと仮定してです。

その上で似た見積もり金額であれば、おそらくその見積もりは、大きな不正や過剰な利益を含ませた見積もりでは無い可能性が高いと考えることが出来ます。

 

もし強引な値引きをしてでも仕事を貰おうとする業者が出てきた場合は、逆に注意が必要な可能性があります。

 

どの仕事でも同じですが、様々な費用を掲示して見積もりをするというのは言い換えれば削れない金額はどうあがいても安くはならないとも言えます。

そんな各種項目の費用について、調査してみました。

  • 外壁のリフォームをする際には必ず必要な足場を組む事にかかる費用
  • 必要な工事を行う作業費
  • 必要な部材、もしくは塗料の仕入れの価格費
  • そして職人の人件費
  • これらに必要経費より高い金額の分が業社の取り分という事になります。

 

さてここから、削れるところを探そうとした場合に、どこが削れるでしょうか?

 

 

足場の費用を下げる事はできるのか?

足場の部材から足場の組み上げまで自社で行っているなど、足場そのものを内製化しているところであればある程度はいけるとおもいます。

足場の見積もり費用はだいたい1㎡あたり700円1000円が相場です。

一般的な2階建ての家のためにかかる費用は15万~20万程度。

よくある外壁リフォーム業者と足場をくむパターンは以下の通りです。

 

①外壁リフォーム業者が足場を持っていて、自社で組むパターン
②外壁リフォーム業者が足場をリースして、自社で組むパターン
③外壁リフォーム業者が足場屋さんに頼んで、組んでもらうパターン
④外壁リフォーム業者が足場屋さんに頼んで、足場屋さんがリースして組んでもらうパターン

足場組み立てそのものを外壁リフォーム業者さんがすべて行うという場合が1番費用が安くなります。

足場に対してどこかに依頼するよりも安くできるのでその分だけ安くするというのはある程度可能と言えます。

あとは、そういう内製化した業者が利益を優先して値引きをしないという判断をするか、値引きをして、仕事を受注する事を優先するかどうかは会社次第です。

 

必要な工事を行う作業費は削れるのか?

一般的に素人が判断するのは難しいと考えたほうが良いでしょう。

相見積もりを取ったとしても施工する塗料の違いなどで正確に同じ工程に落とし込む事などできるはずもありません。

基本的には信じるという事になります。

グーグルである程度調べたとしてどこをこうすれば金額が安くなるでしょ?
みたいな事も、表面的な事であって、依頼予定のリフォーム業者さんがそこまでして仕事を受けないといけない理由はないからです。

 

仕入れの価格?は大量仕入れで下げれるのか?

これはなかなか難しいと言わざるを得ません。

例えば

 

施工する外壁リフォームは当社ではコレ1つしかしません。

という施工業者があって、

 

 

そのタイプに必要なものだけを大量に仕入れるというのがあれば、あるいはあり得るかもしれませんが、実際は外壁リフォームに関しても、外壁リフォームのタイプも違えば、必要な部材も毎回変わる。

部材が同じだったとしても色が違う。

塗料にしたって、塗料の種類によって耐久力などは当然違いますし、その耐久力とは別に色も当然施工現場毎に変わります。

どれ1つをとっても大量に仕入れるにしても限度があるわけです。

どこかの県の仕事を全てどこかの業者が行っていたとしてもその内容は違うためにそもそも仕入れ値を下げることでは到底見積金額を下げることは出来ないと考えるほうが自然です。

 

 

 

職人の人件費は削れるのか?

都道府県によって最低賃金というのが決まっています。

その賃金より安く見積もりする事は基本的に出来ないという事があります。

それでもやすくするためには、パート、アルバイトを活用する事になります。

そうすると費用は下げれますが同時に精度も下がる可能性が高いとも言えます。

実際、

外壁塗装 アルバイト などで検索すると 中には未経験も可能といった求人情報もあります。

そう考えると人件費を下げるということを期待しないほうがいいでしょう。

 

 

外壁リフォームの相見積もりについてのまとめ

という事でそれぞれを少し踏み込んで調べてみました。

正直事例ごとに変わるので広い意味でのざっくりした内容になりましたが、足場の内製化以外に、費用が安くしても精度をあまり下げなくて済むという項目はあまり無いという結論になりました。

 

そもそも、相見積もりは、業者間であきらかにおかしい見積もりの業者に当たらないようにする目的に行うので、相見積もりで安くさせるというのは、下手すると、本当はいい会社だったのに、いざ依頼しようとした場合に拒否される可能性もあります。

なので、相見積もりを取ることそのものは否定はしませんが、目的としては、

悪い業者を見抜くため

という事として行ってください。

極端に高い、極端に安い

には何か潜んでいると思って気をつけるようにすれば、激安とか、安いという恩恵からは多少遠くなりますが、大きな失敗につながる事はなくなります。

外壁リフォームは特に、大きな金額になりやすいリフォームの1つなので相見積もりをするにしても、気持ちに余裕を持って行うようにしましょう。

 

まずは外壁のリフォームサイディングに関して費用とか費用対効果などを大まかに知っておこう

外壁に関しての事は知っておくとはリフォームの段階だけじゃなくて新築の時点でも注意チェックポイントとしては有効です。

外壁のリフォームに限ったことではありませんが、せっかく高いお金を払ってリフォームをしてもらうわけですから、その費用対効果は出来る限り高く、そしてその効果をできるかぎり長く持続させていくというのが施工主からみた最高のリフォームなのではないでしょうか?

リフォームにかぎらず建築系の依頼は、最終的な見栄えだけを優先すれば、見た目はそれこそ嫌な言い方ですが、どうとでもごカマシがし易い業種とも言えます。

基礎の作りから土台の作り外壁の断熱処理など目に見えない所はおざなりだったとしても、内壁を貼って綺麗に補修してクロスを貼ればわかりませんし、施主からしたらもう外壁を壊して見ない限りは絶対わからないです。

それくらい、わかりにくいものですから、お願いしますお願いしますという感じで任せっきりにすると、それはそれでなにかが合った時には後の祭りという事もありえます。

 

だからこそ、外壁のリフォームに関しても知識でしっかり武装しておく事が大事なわけです。

またその上で最初に申し上げた、高い費用対効果を作り出し、それを長く続けるためには、外壁のリフォームに関してもある程度の知識や、素材の違い、紫外線による外壁の劣化への相互関係なども大まかでいいので知っておく事がゆくゆくは大事な家を守ることにもつながります。

 

という事で一通り、こういう事を知っておくと業者もそう甘いことはさせないという事にもつながります。

また怪しい業者の対応に関しても、ピンとくると思います。

突っ込む所は突っ込んで聞く!そのための知識ということです。

ということで、その知識についていろんな切り口で紹介していきます。

 

一般的な外壁リフォーム(サイディング・塗装など)の費用

 

外壁のリフォームと言っても、いろんなやり方があります。

大きくわけて、4つあります。

 

「重ね張りリフォーム」

もともとある外壁に 板状の外壁材を重ねて張りつけるタイプの

重ね張りは、既存の外壁材の上から新しい外壁材をかぶせるリフォーム工法です。

前の外壁材を剥がさないので、廃材出ないことと短期間で工事ができることから、安く外壁材を新しくすることができます。

主に重ね張りで使用される外壁材はアルミやスチール、ガルバリウム鋼板などの、軽量で加工がしやすく耐久性能に優れた金属製の外壁材が使用されます。

軽量の物を使用する場合が多い理由は同ページ内で詳しく記述しています。

表面の外壁材が新しくなるのでぱっとみは本当に新築住宅のよう見違えるように綺麗になります。

 

「張り替えリフォーム」

もともとある外壁の下地を綺麗に取り覗いた上で、新しく外壁材を貼り付けるタイプ

その名の通り、元々の外壁材を剥がして、新しい外壁材に張り替えるリフォーム工法です。

外壁リフォームの中でも工程の多さの為に、高額になりやすいリフォーム工法になります。

外壁を張り替える主なケースは、外壁材が古くなり、メーカーが定めている耐用年数を超えてしまった場合で、それを頬っておくと外壁が剥がれ落ちてしたを歩く人にケガをさせたりする可能性など危険です。

また、外壁の劣化が激しく外壁塗装や重ね張り(カバー工法)などのメンテナンスでは耐えきれない場合などに行われます。

古い外壁に新しい外壁を重ねても古い外壁が剥がれ落ちた場合に新しい外壁もそのまま落ちたりなどでは意味が無いため。

 

 

「塗装リフォーム」

もともとある外壁に上から塗料を塗るタイプの

 

外壁塗装は、最も手軽な外壁リフォーム方法です。

外壁が劣化してきた時に塗り替えをします。

塗料の種類によって様々な効果や、耐久性能が変わります。

高耐久の塗料ほど費用は高くなる傾向があります。

目安となる価格:約80万~

 

「シーリング打ち替えリフォーム」

もともとある外壁材の目地部にゴム上の材料を流し込むことで防水性を高めるタイプの

サイディングボードやALC外壁の隙間を埋めるものとして使われます。パネルとパネルの間には、隙間ができますから、そこにコーキング材をつめて、外壁から水や汚れが侵入しないようするのです。

そして地震などの揺れで外壁にヒビが入らないように、衝撃を吸収してくれる役割がシーリングにはあります。

シーリングはその他にも、壁の補修材としても広い用途で使われています。

 

という感じで分けて考えるとわかりやすいです。

ということで、各種リフォームにおいてどれくらい費用がかかるものなのかを紹介します。

 

 

重ね張り外壁リフォームについて

大きなポイントとしては、遮熱性・遮音性が向上する点

重ね貼り外壁リフォームというのは、文字通り重ねて外壁材を貼るという施工方法のことで、古くなった外壁の上から外壁材を重ねて貼り付ける事で、外壁材と外壁材の間に熱をためこむ空気の層がでることで、遮熱効果、遮音効果へ期待ができます。

また、遮熱効果があるという事は一度ためこんだ室内の温度を維持しようとするため、夏の暑い時期は一度冷やすとその状態を維持しやすく、冬の寒い時期は温めた室温を維持しやすいという事になるのでそれだけ空調にかかる費用を抑えられると言えます。

さらには、同じ理由で防音性能があがる事も期待できます。

ただ、ポイントとしては、外観を綺麗にする事が1番の目的なので過剰の期待は禁物です。

また元々の外装によっては組み合わせできない重ねる外壁材などもあるので、現状がそもそも重ね貼りが可能なのかも確認しておきましょう。

 

デザインの自由度が上がる!

塗装する場合とちがい、外壁材を重ねて貼る場合は、当然形や凹凸なども含めて新たに作り込めるために、デザインの幅が広くなりやすいのが特徴です。

カバー工法では好みにあうサイディングを組み合わせたりと、新築にした時のように外観を一新できます。

 

張り替えと比べて工事日数がかからない

外壁材を解体するという作業が少ない。

解体する作業が少ない為、解体した後に廃棄処分する手間が少ない。

解体する作業が少ない為に、その分の工期が短縮されるので全体的な工事期間が短くなる。

外壁材を剥がしたりすることが必要ないために、そのまま家に住んでいただく事が可能

メリットが無いわけではない

外壁の重ね貼りのリフォームだといい事ばかりの様に聞こえますが、実は目に見えないしかも、ある特定の時にその重ね貼りした事がデメリットになりえる場合があります。

それは・・

 

地震に弱くなりやすいという事

既存の外壁材に新たに外壁材を重ねて貼り付けるという事なのでその分だけ家屋にかかる重量はふえてしまいます。

建物は高い位置に重量がかかることで地震への耐性が下がります。

昔の家で屋根瓦の時に地震の時に真っ先に瓦がずり落ちるようになっているのは、屋根の上にかかる重量を素早く落とすことで家屋全体へのダメージを下げる為に思い屋根瓦を使用されてきていたりします。

昨今では瓦が落ちる時に人の頭の上から落ちるのは危険という事で建築基準は変わってきています。

ですが、重いものが上にあればあるほど、地震の時に家屋全体は振り回されるというのは理解できるとおもいます。

なので、今回の重ね貼りで特に注意が必要なのは2階建て以上の家屋の時の外壁重ね貼りリフォームの時は場合によっては行わない方がいい場合もあります。

そのあたりはリフォーム業者に確認をしっかり取った上で検討されてみてください。

また、2階建てでなければと平屋では、2階建て以上から比べるとそこまで問題は無いと思いますが、吹き抜けなどで壁面が高くなっている場合はいくら平屋でも2階建て以上と同じ考え方は必要になります。

平屋だと大丈夫。

という考え方ではなく、外壁リフォームを行う建物の高さで考えられたほうがいいでしょう。

あとは重ねて貼り付ける外壁の素材を出来る限り軽量なものを選択するというのも1つの方法です。

重量が問題であれば、軽い材料を使うというのは正しい選択です。

 

もう一つのデメリットは、依頼した業者の職人の技術が低いと失敗する場合がある。

元々の外壁にランダムな凹凸があることはよくあることです。

その外壁に上から重ねて、選んだ外壁を貼るわけですから、角、屋根との隣接部、つなぎ目、などを綺麗に埋めて重ねて貼り付けるには技術が必要というわけです。

そこをおざなりに施工されると、前の外壁と新しい外壁に湿気がたまり結露がおきて、その分劣化して下手すると数年で、新しい外壁が落ちる、ヒビが入るなどが起こってしまう可能性があります。

なので、施工する方法なども出来る限り説明をしっかり聞いて納得できてから正式な依頼をされたほうがいいでしょう。

また施工途中でももし、周りから見ることができるなら施主が立会いするだけでも職人への意識を高めさせるキッカケにもなります。

またその時に気づいたら写真をとるなりして確認する事もいいとおもいます。
(職人さん達はココロの中では嫌がるかもしれませんが・・)

 

 

張り替えリフォームについて

外壁の張替えは、現在の外壁を解体・撤去し、下地から新たにサイディングやモルタルなどの外壁材を取り付ける方法です。

1つ前に紹介した重ね貼りとはちがい、一度もともとの外壁を剥がす工程がどうしても入るため、新築の外壁を貼る前からの工程をもう一度新しい外壁で行うと考えていただければ、工程が長く、費用が高くなりやすいのがイメージできると思います。

また新築の場合は廃材などの処分なども含めて新築中全てのものを処理する為に費用を下げやすかったりしますが、外壁リフォームの場合はその単発でのリフォームという事もあり、より割高にならざるをえないという事情もあります。

例えるなら、新車を購入する時にオプションで何かをつけるとした場合工場出荷時でオプションを装着できるので、実費に近い分だけの費用追加ですみますが、

新車で購入して2年目に別のオプションを追加でつける場合では、想定していない状態から取り付けたりなどもあるため費用が新車工場出荷時よりも高くなる。

といった事と似た感じです。

 

外壁の張替えは、一般的には外壁塗装や重ね張りよりも費用がかかりますが、もちろんメリットもあります。

 

下地から作り直す為に老朽化した家でも、合板などで耐震補強を同時に行ったりなど、リノベーションとの相性としては親和性が高いとも言えます。

また、壁を剥がしたことで、内部の劣化具合なども当然わかるので、そのままもし頬っておいたら、結露したりいろいろ問題が出たりしていたかもしれない。

もしくは、建てた場所の兼ね合いで、害獣の住処になっていたり、虫の住処になっていたのが判明したりという事もありえます。

この場合は、張替え工法の方がよかったとも言えます。

 

偶然であっても、工程の違いでどうしても変わる費用や状況に対してどう納得するのか?というのも、工法ごとに意識すべきことかもしれません。

 

 

塗装リフォームについて

塗装でのリフォームに関しては、今までとは違う色で塗装し直したりすることで、外から見た家の雰囲気をガラッと変える事ができるため、他のリフォームよりも、低価格なわりには、満足度はわるくないリフォームです。

とはいっても、元々の外壁の劣化具合などで、塗装では対応できにくい場合などもあります。

外壁を塗装しなおすタイミングは家の立地条件などでも変わるので何年というのはばらつきがあるのでいいにくいのですが、下記の症状がでたら、そろそろ何かしら対応しないと・・・

と理解してください。

  • チョーキング
  • 塗膜の浮き
  • 塗膜の剥離
  • 外壁基材の露出
  • 外壁基材の劣化

 

チョーキングが起きている!それ外壁塗装などのリフォームタイミングです

チョーキングって何?ってお思いの方も、言葉からピンときた方にも簡単に説明しておきます。

チョーキングとは、外壁に洋服が触れながら歩いたり外壁を手で触ったりした時に、粉状で手や服にチョークの粉の様についたりする事があります。

この状態の事をチョーキングといいます。

このチョーキングの症状がでているということは、そこからどんどん塗装面が荒れていくサインです。

なのでこのチョーキングの症状が現れた時は塗装しなおしなどのリフォームをそろそろ検討される事をオススメします。

その他の

塗膜の浮き
塗膜の剥離
外壁基材の露出
外壁基材の劣化

に関してはもう字を読めばわかると思います。

平たく言えばチョーキングより悪くなってる症状です。

当然外壁へのなんらかのリフォームを考えるべきタイミングです。

 

 

シーリング打ち替えリフォームについて

シーリング打ち替えリフォームとは、家の外壁というのは一枚物でつなぎ目が無い・・・

という事は絶対ありません。

どうしてもトラックでその外壁を運んだりする為に外壁毎に縦横の大きさが決まっていてそれを順番に該当箇所の壁に貼り付けて施工していくわけです。

そうすると、どうしても外壁材と外壁材との間に隙間ができたり、あえて隙間を作って地震などの横揺れなどで干渉しないように、ゴム状に固まるシーリングを挟むようにして外壁を貼り付けたりなどします。

そしてそのシーリングのゴムのような部分というのは、どうしても外壁材よりも早く劣化し易いものです。

イメージとしては、年中外に駐車している車は紫外線や雨風にさらされますが、塗装面やガラス面より、タイヤのゴムの方が早く劣化してひび割れて固くなったりします。

それと同じような事と理解していただければ、想像し易いと思います。

車の場合はタイヤを交換するという事で問題が解決します。

同じように家の外壁面のつなぎ目のゴム状になっているシーリングを一度はがしてシーリングを塗り込むという事をすれば、つなぎ目の強度が回復するわけです。

そしてシーリングの劣化状態がそこまでひどくない場合は上からシーリングを再度重ねて塗って補強するという場合もあります。

どちらも劣化状態を確認して行うというわけです。

 

 

どうでしたでしょうか?

外壁のリフォームといっても、ここで上げただけでも、知っておくだけで、業者との見積もりなどの時に、わけも分からず金額が上がるということを避けることができたのではないでしょうか?

 

まだまだ、このページでは大雑把な紹介しかしていませんので、それぞれのリフォーム工法に合わせて細かく、こういうときはここに注意みたいな感じで書いていけたらいいなと思っています。